• 出資馬一覧

ワラウカド

リズムオブライトの2017(

ディープインパクト
母 (母父) リズムオブライト (Beat Hollow)
生年月日 2017年01月07日
募集価格 9,000万円
調教師 栗東 池江泰寿
生産者 パカパカファーム
  • 出資の決め手

母に米国実績馬というディープインパクト産駒の成功パターン。
池江調教師自ら預かりたいと言ったその言葉を信じて出資。

オールアイキャンセイイズワウの2017(

キズナ
母 (母父) オールアイキャンセイイズワウ (Street Cry)
生年月日 2017年04月08日
募集価格 2,400万円
調教師 栗東 矢作芳人
生産者 パカパカファーム
  • 出資の決め手

キズナ産駒の未知の魅力に期待して出資。
雄大な馬体が父キズナを彷彿とさせる。そして信頼の矢作厩舎。

セルフプリザヴェーションの2017(

スクリーンヒーロー
母 (母父) セルフプリザヴェーション (Lion Heart)
生年月日 2017年03月24日
募集価格 2,200万円
調教師 美浦 藤沢和雄
生産者 パカパカファーム
  • 出資の決め手

半兄シャルドネゴールドのクラシック戦線での活躍。
ダービー馬レイデオロを管理する藤沢和雄厩舎の手腕に期待して出資。

ナンの2017(

ゴールドシップ
母 (母父) ナン (High Yield)
生年月日 2017年04月08日
募集価格 2,000万円
調教師 美浦 国枝栄
生産者 パカパカファーム
  • 出資の決め手

現役時代好きだったゴールドシップをさらに磨き上げたようなシルバーの綺麗な馬体。
ワラウカド代表ハリー氏の「オークスで枠入りしている姿を思い描いてしまいます」というコメントにビビっと来て出資。

広尾サラブレッド倶楽部

バートラムガーデンの2017(

ハーツクライ
母 (母父) バートラムガーデン (サクラバクシンオー)
生年月日 2017年03月12日
募集価格 4,760万円
調教師 栗東 矢作芳人
生産者 下河辺牧場
  • 出資の決め手

矢作調教師が年間600頭以上見る当歳馬の中からAランク評価を付けた馬。
菊花賞馬キセキを輩出した下河辺牧場の育成力に期待して出資。

クリヴィアの2017(

クロフネ
母 (母父) クリヴィア (トニービン)
生年月日 2017年06月09日
募集価格 1,760万円
調教師 美浦 加藤征弘
生産者 ヴェルサイユファーム
  • 出資の決め手

ヴェルサイユファームで一際しっかりした走りをする当馬に加藤調教師の目が留まり、広尾TCに声をかけ募集が実現した馬。
活躍馬が多いクロフネ牝馬で6月生まれながら順調に成長している姿を見て出資。

ラズベリータイムの2018(

ダンカーク
母 (母父) ラズベリータイム (フジキセキ)
生年月日 2018年03月09日
募集価格 1,600万円
調教師 栗東 高柳大輔
生産者 木村秀則
  • 出資の決め手

全姉のマーヴェラスクインが新馬戦2着。その姉よりもさらに筋肉質で、ダートの短距離戦で活躍する姿が目に浮かぶ。
ダンカーク産駒の勝ち上がり率にも期待して出資。

DMMバヌーシー

シンハディーパの2017(

ダイワメジャー
母 (母父) シンハディーパ (ウォーエンブレム)
生年月日 2018年03月09日
募集価格 4,960万円
調教師 美浦 国枝栄
生産者 ノーザンファーム
  • 出資の決め手

他のクラブが日高産ばかりなので、ノーザンファームの育成を体験してみたいという思いで出資。
1/10000口ながらこの血統で維持費込みの一括1万円ならひょっとするとプラス収支になるかもという淡い期待も。

ノルマンディーオーナーズクラブ

みんな大好き芦毛チーム(スターズファンド

  • キョウエイハツラツの17
ジャスタウェイ
母 (母父) キョウエイハツラツ(オペラハウス)
生年月日 2017年02月10日
募集価格 1,560万円
調教師 美浦 中舘英二
生産者 岡田スタッド
  • トーセンフォーユーの17
ゴールドシップ
母 (母父) トーセンフォーユー (トニービン)
生年月日 2017年4月15日
募集価格 1,120万円
調教師 美浦 矢野英一
生産者 岡田スタッド
  • マルデデルマの17
クロフネ
母 (母父) マルデデルマ (ワイルドラッシュ)
生年月日 2017年3月27日
募集価格 1,360万円
調教師 美浦 菊沢隆徳
生産者 梅田牧場
  • 出資の決め手

第一希望は「岡田牧雄氏セレクションチーム」だったのですが、ノルマンディー未入会のため郵送申し込みしている間に満口になってしまい、2番目に気になっていた芦毛チームに出資。
個人的にチームのエースと考えているキョウエイハツラツの17はエルムS優勝や帝王賞4着などの実績をもつリッカルドの半弟。
この馬で正式入会も考えていたのですが、初年度からあまり複数クラブを掛け持ちしてもという思いでスターズファンドでお試し出資を選択。

 

出資判断基準(マイルール)

プラス評価(積極的に出資したい)
  • 初仔or空胎明けの牡馬→活躍する割合が多い
  • 母馬現役時3勝以上→平均勝ち上がり率が高い(40%弱)
  • 調教師自ら預かりたいという意思を示している馬→クラブとの信頼関係もあるため大切に扱ってくれそう
  • 新種牡馬→リスクはあるが、良い馬を引けた時の費用対効果が大きい
  • 兄弟馬の半数以上が勝ち上がっている→自身も勝ち上がる確率が高い
マイナス評価(できれば避けたい)
  • 母高齢馬(18歳以上)→平均勝ち上がり率が下がっていく。
  • 母馬現役時未勝利→平均勝ち上がり率が低い(25~30%程度)
  • 初仔で馬体重が軽い→成長が乏しく体質面が弱い可能性がある。
  • 兄弟馬のデビュー時期が遅い→2019年からスーパー未勝利戦廃止もあり、以前よりも早期デビューが求められる。
  • オフセットニー(膝を境に軸がずれている馬)→故障率が高い

※上記はあくまで個人的メモです。参考程度にどうぞ。

馬体の見方は現在こちらの書籍で勉強中!

面白くて3周ほど読んでいますが馬体は本当に奥が深い…。

おすすめの記事