中口募集クラブ一覧(100~200口)

グリーンファーム愛馬会

馬主名義 株式会社グリーンファーム クラブタイプ 牧場系 - 社台系
募集口数 200 口 年間募集頭数 約20頭
入会金 19,440円 一口価格 4万円~15万円
月会費 3,240円 一口維持費 実費:約3,000円(入厩時)
募集時期 一次募集:8月ごろ 会報誌
募集方式 先着順で決定。
割引・ポイント
主な活躍馬 レインボーフラッグ / ゴールドマウンテン / マキシマムドパリ / セレクトグリーン / ブラボーグリーン / クィーンスプマンテ / グリーンプラネット / グリーンブリッツ / アースサウンド / パワーストラグル / ジュエルオブナイル
公式サイト http://www.greenfarm.co.jp/

募集馬の約7割が社台ファームからの提供です。比較的手ごろな価格が多く、即満口になるような馬もいないのでゆっくりと出資馬を吟味することができます。

GIなどの大舞台で活躍するような馬はあまり多くないですが、募集価格が安いこともあり重賞戦線で活躍する馬に出資できれば高回収率を達成できます。

ターファイトクラブ

馬主名義 有限会社ターフ・スポート クラブタイプ 牧場系 - 牧場集合系
募集口数 100口/200 口 年間募集頭数 約20頭
入会金 10,000 円 一口価格 4万円~15万円
月会費 正会員:3,240円(年払い:32,400円)

家族会員:1,080円(年払い:10,800円)

一口維持費 6,000円(100口募集)
3,000円(200口募集)※実費との差額は引退時に清算
募集時期 一次募集:8月ごろ 会報誌 TURFIGHT CLUB(年4回)
募集方式 先着順で決定。
割引・ポイント

-ターファイトクラブ公式サイトより引用-

主な活躍馬 インカンテーション / ファンディーナ / サイレンスボーイ / サウンドオブハート / ローマンエンパイア / ビーナスライン / クロッサンドラ / ホワイトピルグリム / ターフジーニアス / オトコノユウジョウ / アンノルーチェ / アッミラーレ
公式サイト https://www.turfight.com/

日高の中小生産牧場が出資し合って経営しているクラブです。基本的には200口募集が多いですが、目玉馬として1億円近くする良血馬も募集されることがあり、この場合1000口募集や400口募集で一口価格のバランスを取っているようです。

社台系とはまた違ったアットホームな雰囲気が特徴で、生産牧場の方と直接話ができる機会も多いようです。

牝馬ながら皐月賞に出資して競馬界を盛り上げたファンディーナは有名ですね。

早期割引が充実しており、最大12%割引が適用できればとてもお得に出資できます。

ユニオンオーナーズクラブ

馬主名義 株式会社ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン クラブタイプ 牧場系 - 牧場集合系
募集口数 100口/200口/300口/500口 年間募集頭数 約40頭
入会金 19,440円 一口価格 3万円~15万円
月会費 3,240円 一口維持費 6,000円(100口募集)
3,000円(200口募集)
2,000円(300口募集)
1,200円(500口募集)
募集時期 一次募集:6月ごろ 会報誌 My Horse(毎月)
募集方式 応募超過の場合は抽選で決定。以降は先着順。
割引・ポイント
主な活躍馬 エポカドーロ / サンビスタ / マンハッタンスカイ / サマーウインド / ルーブルアクト / イカルスドリーム / メガミゲラン / マジェスティハーツ / ゴールデンメイン / ヒダカクラフティー / クーヴェルチュール
公式サイト https://www.union-oc.co.jp/

200口募集がメインですが、このほか100口、300口、500口募集があり、高額馬ほど口数が多く一口価格のバランスを取っているようです。

活躍馬を見て頂くとわかる通り、2018年の皐月賞馬エポカドーロがこのクラブ所属です。

このエポカドーロは比較的良血馬のため4,500万円という募集総額。500口で一口9万円という価格でした。

3歳秋の時点で3億円近く賞金を獲得しているため、このような馬に出資できれば夢がありますね。

今勢いのあるクラブと言えるでしょう。

サラブレッドクラブライオン

馬主名義 ライオンレースホース株式会社 クラブタイプ バイヤー系
募集口数 200口/400口 年間募集頭数 約20頭
入会金 21,000円 一口価格 1.5万円~40万円
月会費 3,150円 一口維持費 実費:約3,000円
(200口募集・入厩時)実費:約1,500円
(400口募集・入厩時)
募集時期 一次募集:10月ごろ 会報誌 毎月
募集方式 先着順で決定。
割引・ポイント 一括払いで募集価格より最大10%割引あり。
主な活躍馬 ドリームバレンチノ / ドリームパスポート / トップコマンダー / ドリームセーリング / ドリームゼニス / ミスティックエイジ / スパークホーク / ドリームバスケット / ドリームノクターン / リアルヴィジョン
公式サイト http://www.tc-lion.com/

セリや庭先(牧場との直取引)で募集馬を買い付けるバイヤー系のクラブです。そのため種牡馬に偏りがなく、ディープインパクトのようなリーディング種牡馬からザサンデーフサイチのようなあまり見ない種牡馬まで幅広いラインナップの産駒が揃っています。

最大10%の割引制度もあり、お得に出資することができます。

代表活躍馬であるドリームバレンチノのような馬に出資できれば、1口10万円の出資で約250万円の払い戻しも夢ではありません。

ラフィアンターフマンクラブ

馬主名義 株式会社サラブレッドクラブラフィアン クラブタイプ バイヤー系
募集口数 50口/100口 年間募集頭数 約80頭
入会金 20,000円 一口価格 8万円~90万円
月会費 3,000円
※ウインレーシングクラブに入会している場合は申請で支払免除
一口維持費 実費:約14,000円(50口募集)
実費:約7,000円(100口募集)
募集時期 一次募集:9月ごろ 会報誌 Our Pleasure(毎月)
募集方式 実績枠:100口募集:70口/50口募集:35口(過去の出資額が高い順に優先)
抽選枠:100口募集:25口/50口募集:12口
新規会員枠:100口募集:3口/50口募集:2口
ラフィアン保有:100口募集:2口/50口募集:1口上記の前期募集期間以降は先着順で決定。
割引・ポイント
主な活躍馬 マイネルキッツ / マイネルブリッジ / マイネルセレクト / マイネルラクリマ / マイネルラヴ / マイネルモルゲン / マイネルスケルツィ / マイネルマックス / マイネルブライアン / マイネイサベル
公式サイト https://www.ruffian.co.jp/

競馬ファンにはおなじみの”マイネル軍団”で有名なラフィアンターフマンクラブです。

主にビッグレッドファームで生産された馬およびセリで落札した馬が募集されます。

クラブ設立者は日本一の相馬眼の持ち主ともいわれる岡田繁幸氏です。

現在は長男の岡田紘和氏が代表を務めています。

小口募集クラブで紹介しているウインレーシングクラブはこのクラブと同じビッグレットファームグループですので、いずれかのクラブに入っていればもう一方の会費の支払いは免除されます。

ローレルクラブ

馬主名義 株式会社ローレルレーシング クラブタイプ 牧場系 - 牧場集合系
募集口数 200口/400口 年間募集頭数 約15頭
入会金 10,800円 一口価格 3万円~10万円
月会費 3,240円 一口維持費 3,000円(200口募集)
1,500円(400口募集)※実費との差額は引退時に清算
募集時期 一次募集:9月ごろ 会報誌 LAUREL(毎月)
募集方式 先着順で決定。
割引・ポイント 出資1,000円ごとにサラブレージ1ポイント付与。
(500ポイントで出資割引券10,000円と引き換え可能)
主な活躍馬 ローレルゲレイロ / カネツフルーヴ / カネツクロス / ローレルロイス / ローレルブレット / ムーンエクスプレス / ローレルベローチェ / キルシュブリューテ / オーシャンフリート / ローレルレガリス
公式サイト http://www.laurelclub.com/

新冠地方を中心とした生産牧場から運営されるクラブです。

代表活躍馬であるローレルゲレイロが有名ですね。一口5万円で一口賞金246万円という一口馬主の回収率ランキング3位に君臨する馬です。

平均募集価格が1300万円程度と非常に安価な馬が多く、中口募集の中では比較的気軽に出資することができます。

 

大樹レーシングクラブ

馬主名義 有限会社大樹ファ-ム クラブタイプ 牧場系 - 独立牧場系
募集口数 200口/400口 年間募集頭数 約10頭
入会金 10,000円 一口価格 5.5万円~10万円
月会費 2,700円 一口維持費 3,000円(200口募集)
1,500円(400口募集)
募集時期 一次募集:8月ごろ 会報誌 TAIKI LIFE(隔月)
募集方式 先着順で決定。
割引・ポイント キャンペーン実施中の場合、早期一括払いで1口出資金10%割引あり。
主な活躍馬 タイキシャトル / タイキブリザード / タイキトレジャー / タイキマーシャル / タイキシャーロック / タイキブライドル / アンコイルド / タイキヘラクレス / タイキフォーチュン / タイキポーラ
公式サイト https://www.taiki-rc.com/

アメリカに生産拠点を持っているクラブです。

種牡馬としても活躍しているタイキシャトルは有名ですね。

キャンペーンを多く実施しているので、そのタイミングで出資・入会できればコスパは良さそうです。

管理人おすすめのクラブの選び方

社台ファーム生産の馬に出資したい

中口募集の中ではグリーンファーム一択です。

やはり社台ファーム生産だけあり勝ち上がり率は高いです。

その分平均募集価格も他のクラブに比べて少し高いので、このあたりは予算を考えて検討するのがよいでしょう。

近年の活躍馬の勢いに乗りたい

活躍馬が出るとクラブにも活気が出るものです。

2018年皐月賞馬エポカドーロが出たユニオンオーナーズクラブはその代表格でしょう。

500口募集馬までいるので自身の予算に合わせた出資が可能です。

その他のクラブ

中口募集のクラブは個性のあるクラブが多い印象です。

高額良血馬から安価な馬まで様々な馬から見定めたい→ターファイトクラブ

幅広いラインナップの種牡馬から選びたい→サラブレッドクラブライオン

岡田繁幸氏が好き、マイネル軍団が好き→ラフィアンターフマンクラブ

ローレルゲレイロのようなホームラン馬を安値で狙いたい→ローレルクラブ

豊富なキャンペーンを利用してコスパ良く出資したい→大樹レーシングクラブ

 

個人的に感じる各クラブの特徴はこのような感じです。

もちろんこれ以外にも各クラブ様々な違った魅力がありますですのでじっくり時間をかけて検討してみてください。

超小口募集クラブも選択肢に

CMでも話題のDMMバヌーシー(1万口募集)の他、YGGオーナーズクラブ(1000口募集)広尾サラブレッド倶楽部(1000/2000口募集)があります。

この中でも募集馬の活躍や割引を含めた募集金額のバランスが良く個人的におすすめしたいのが広尾サラブレッド倶楽部です。

 

最大2000口募集なので、例えば10口申し込めば1/200口募集と同等に。20口申し込めば1/100口募集と同等の感覚で出資できます。

さらに合計10口以上申し込みで会費が実質1500円に、合計20口以上会費が実質1000円になります。

合計50口以上出資すると会費が実質無料になるためお得度を最大限まで高めることができます。

 

管理人(UMAZORA)も入会しています。

詳しくは下記の記事でご説明していますので気になる方はご覧ください。

当ブログもしくは管理人(UMAZORA)からのご紹介で最大5000ポイントが付与されます。

 

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

その他の一口クラブはこちら

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事