第55回宝塚記念は、ゴールドシップが史上初の連覇を成し遂げました。

手綱を託された横山典弘騎手は、まさに人馬一体といった感じで、馬の走る気持ちを最優先してレースに臨んでいるように見えました。
直線に向くと1頭違う脚色でぐんぐんと加速し、3馬身差の圧勝でした。
これで芦毛の馬としてはGI勝利数、獲得賞金でメジロマックイーンを抜き歴代1位となったようです。

2番人気ウインバリアシオンは陣営のGIを獲らせてあげたいという気持ちが現れているような素晴らしい仕上がりでしたが、レースは残念な結果となりました。
また秋以降、調子を取り戻してゴールドシップやジェンティルドンナとの再戦、キズナやワンアンドオンリーといったダービー馬との対決に期待したいです。
オルフェーヴルと死闘を繰り広げてきたこの馬の本当の走りがまた見れる日を楽しみにしています。

おすすめの記事