ダービー馬ワンアンドオンリーの秋初戦となる第62回神戸新聞杯
単勝1.6倍の人気に答え、見事ワンアンドオンリーが勝利を収めました。

道中は後方を追走し、4コーナーから大外を回って直線で抜け出しを図る。
直線では外からサウンズオブアースに一度交わされるが、粘り強い走りで差し返しての見事な勝利でした。

ライバルのイスラボニータは先日のセントライト記念を勝利し、次走は天皇賞秋を狙とのことで、
本番の菊花賞はやはりワンアンドオンリーが主役となりそうです。

おすすめの記事