2017年のダービーを制したレイデオロの休み明け初戦である神戸新聞杯。連勝中の上り馬キセキとの対決が話題となりました。

そして結果はレイデオロの2馬身差勝利。スタートからスムーズに飛び出し、3番手に付けるレース運び。終始リラックスしておりダービー馬の貫録のようにも映りました。直線に入ると他馬を突き放し見事勝利を収めました。

キセキも評判通りの走りでしたがコースが狭くなってしまったのでその分伸びを欠いたように見えました。しかしこれからもレイデオロのライバルとなることは間違いないでしょうね。

おすすめの記事