レース回顧

今年の大阪杯は、ここまで4連勝と勢いに乗っている川田騎手騎乗のダノンファンタジーが1番人気に支持されました。そして僅差で牡馬混合の朝日杯で3着に健闘したルメール騎手騎乗のグランアレグリアが2番人気に。

レースはスタートから淡々と流れ、直線に入ると早くもグランアレグリアが先頭に。
それを追う形でダノンファンタジーが2番手に付けるも差は縮まらず。
ゴール直前では和田騎手騎乗の伏兵シゲルピンクダイヤが2着に上がり、猛追したクロノジェネシスが3着、1番人気のダノンファンタジーはハナ差の4着という悔しい結果に。

勝ったグランアレグリアは後ろを全く寄せ付けず、完勝といったレースでした。
恐らくマイル前後が主戦場となると思いますが、今後の活躍に注目です。

撮影レポート

今回も7Dmk2+70-200mm+1.4xテレコンの構成で撮影に臨みました。
桜花賞はマイル戦で向こう正面からのスタートなので返し馬は撮れず、レースで目の前を通るのも1回きりなので緊張するレースです。

撮影ポイントですが、桜花賞ということで桜を写真に取り入れたかったので4コーナー付近を選択。
ダノンファンタジー、グランアレグリア、クロノジェネシスが抜けた人気だったので、ほぼこの3頭に絞って狙いを定めました。

目的の馬が撮れた後は流して別の馬もという感じです。
今回もレースの全撮影写真を連続GIFにしてみたのでご参考になれば。

今回の使用機材

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事